宝くじについて考えた

誰しも「もしこうだったらなあ」というような、「こういうことが起こってほしいな」という、ちょっとすてきな「夢」のようなものを、思い描いたことはあるのではないでしょうか。
夢物語のような感覚の「夢」といいますか。
そういう「夢」を思い描くのは、少しおもしろいですよね。
思い描いている時は、楽しい気分になりますし。
その「夢」がかなえば、今のこの生活をがらっと変えてやるぞ、と想像したりして、楽しい気分になったりもできますし。
そんな「夢」の一つに「宝くじに当たる」というものがあるのではないかと思います。
「宝くじ」に当たるって、想像すると「夢がふくらみ」ますよね。
前からほしいと思っていたこれを買おう、と思うとか。
前から行きたいと思っていたところへ旅行しに行こう、とか。
あるいは前からやりたいと思っていた、こうこうこういうことをしよう、と思うとか。
そういう「夢」みたいなものを買えるということなのかもしれないな、宝くじって、と思ったりもしました。